シーブリの働き

以下はシーブリの働きについての概要です。 詳細および最新の情報につきましては、くすりのしおりをご参照ください。

シーブリは、肺に直接薬を吸い込むことで、病気によって狭くなった空気の通り道(気道)を長時間ひろげて、呼吸を楽にします。毎日定期的に吸入することで、息切れ、咳やたんなどの症状をやわらげます。

この薬を使ったあと気をつけていただくこと(副作用)

主な副作用として、口内乾燥、排尿困難などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。

まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。

このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。

•動悸、めまい、失神(気を失う)[心房細動]

以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。

お問い合わせ

ページトップへ