COPDの診断方法

監修:東京女子医科大学 名誉教授
新百合ヶ丘総合病院 呼吸器疾患研究所 所長 永井厚志 先生

COPDの診断方法

問診で、喫煙歴や症状など聞き、COPDを疑ったら、検査を行います。

肺機能を調べる「呼吸機能検査」

COPDは、「スパイロメーター」という器械を使った肺機能検査で診断します。スパイロメーターは、「努力性肺活量(大きく息を吸い込み、次に思いきりはき出したときの空気の最大量)と1秒量(大きく息を吸い込み、次に思いきりはき出したときの最初の1秒間にはき出せた空気の量)を測定し、呼吸機能を判定します。

お問い合わせ

ページトップへ