COPDでみられる症状

監修:東京女子医科大学 名誉教授
新百合ヶ丘総合病院 呼吸器疾患研究所 所長 永井厚志 先生

息切れはCOPDのサイン

COPDになると、坂道や階段をのぼるなど体を動かすときに息切れがしたり、同世代の人と同じペースで歩けないなどの症状がみられます。そのほかにも、風邪でもないのに咳やたんが長く続いたりします。

全身に影響を与えるCOPD

COPDが進行すると、着替えや入浴などの日常動作でさえも息苦しさを感じたり、外出のときも休みながらでないと歩けなくなってしまいます。さらに、COPDは全身にも影響して、体重の減少や筋力の低下、心臓病や骨粗鬆症などを招く恐れもあります。
しかし、COPDは早めから適切な治療を続けることにより、症状をやわらげ、日常生活への影響を少なくしたり、進行を抑えることができます。

お問い合わせ

ページトップへ